産前産後、食物アレルギーに気を付けて!

食物

これから赤ちゃんがうまれてくる、または小さなあかちゃんがすでにいるという方にとって、食物アレルギーというという言葉は、もしかしたらまだ身近な言葉ではないのかもしれません。

「自分自身食物アレルギーはないし」とか「まだ離乳食始まってないし」。まだまだあかちゃんにとって先の事と思われがちですが、実はあながちそうとも言えない現状もあるようです。

妊娠中のママの食生活で、赤ちゃんが食物アレルギーになる?

ひと昔前までは、ママの妊娠中の食生活が食物アレルギーを引き起こす、などという人もいました。

でも、現在ではこの意見は根拠のない見解として否定的に扱われています。では一安心?とはどうやら言えないようです。

実は、妊娠中の食事と生まれてくる子の食物アレルギーの関連性は、まだはっきりと解明されていないというのが現状のようです。

今後の医学の進歩で、この関連性を証明する科学者が現れないとはいえません。

妊婦さんはつわりなど食生活が乱れる状況になりがち。極端な食生活を避け、意識してバランスの良い食事をとった方が無難のようです。

出産してアレルギーが判明!どうしたらいいの?

生まれてすぐ、赤ちゃんがアレルギー症状に悩まされる場合があります。

生まれたばかりの赤ちゃんにとって、栄養源はママのおっぱいか粉ミルク。

そう、ママの母乳に含まれている成分、もしくは粉ミルクの乳成分に反応してアレルギー症状が出る場合があるのです。

ママのおっぱいに含まれるアレルギー物質は全量のごくわずか、それで反応するということはかなり過激な食物アレルギーということが推測されます。

その場合、主治医の判断はまちまちでしょうが、食物アレルギーの状態が深刻な場合、ママも含んだ除去食にスイッチする必要があります。または、乳成分が含まれていないアレルギー用の粉ミルクを使用します。

ちなみに、生まれたばかりの赤ちゃんは食物アレルギーの血液検査は行えません。正しい結果が見れるようになるのは生後6か月以降だと言われています。

除去食の代用品にも気を付けて!

例えばお子さんが牛乳にアレルギーがあった場合、牛乳の代用食として豆乳を、と考える人は多いでしょう。

牛乳は一般的には毎日のように口にするもの、その代用品も毎日大量に口にすることになるでしょう。

そうなった場合に注意したいのは、同じ食品をくりかえし摂取しすぎない、ということ。

「アレルギー体質の子は新しいアレルギーを呼ぶ」、という言葉があります。

上記のように牛乳の代用品として豆乳を、卵の代わりに豆腐製品を、と一部の食品を代用食として頼りすぎて継続的に摂取すると、最初は平気だった大豆製品までもがアレルギー反応がでる食品となってしまう場合があるのです。

その為、食物アレルギーの子の食事には、回転食という意識を強く持って献立を作らなければなりません。

つまり、一部の食品ばかりを代用品として食べるのではなく、一日目の朝食に豆乳を取ったら次の日はオレンジジュース、その次の日はアーモンドミルク、そして次の日はまた豆乳・・・などと食品を回転させて使うのです。

いかがでしょうか。

食物アレルギーは、離乳食が始まった子供だけが対象の話では必ずしもないのです。

とはいえ、食物アレルギーの子は、親がアレルギー体質でそれを遺伝的に受け継いでいる場合がほとんどです。

心当たりのある方は特に、妊娠当初から正しい情報と知識を得る習慣をつけることをお勧めします。